たには会 会則

〔制定〕昭和56年 3月 9日
〔改正〕昭和58年 5月 9日
昭和59年 8月26日
平成 4年 8月23日
平成 6年 8月21日
平成 8年10月27日
平成 9年 7月 6日
平成11年 1月10日
平成14年 9月 8日
平成17年 9月11日
平成20年 4月20日
平成23年 4月17日
平成24年 4月14日
平成26年10月18日
平成28年 2月14日
平成28年   5月15日
平成29年   7月   9日
第1章 総 則
(名称)
第1条 本会は、たには会と称する。
(目的)
第2条 本会は、明治国際医療大学同窓会(以下「大学同窓会」)の規程に従い、明治国際医療 大学の発展に寄与することとともに、会員たる卒業生相互の親睦をはかること、情報の提供、も しくは会員相互の情報交換を助けることを通じ、会員たる卒業生への貢献および資質の向上に資 するために活動することを目的とする。
(事業)
第3条 本会は、前条の目的を達成するため、必要に応じて次の各号に挙げる事業を行う。 一、会員情報の把握
二、会員名簿の整理
三、会員への情報提供、および会員間における情報提供の機会を与えること
四、会員への技術的、学術的研修その他会員が必要とする研修を提供すること
五、その他、目的の達成のために必要とされる事業
(主たる事務局)
第4条 本会は、主たる事務局を京都府南丹市日吉町保野田ヒノ谷6番地1 明治国際医療大学 鍼灸学部に置く。

第2章 会 員
(会員の種類)
第5条 本会の会員は、次の3種とする。
一、正会員
二、特別会員
三、準会員 (正会員の条件)
第5条の2本会の正会員になるためには、次にあげる条件の一に該当し、入会金を支払わなけ ればならない。
一、明治鍼灸短期大学鍼灸学科を卒業した者または研究生として3年以上在籍した者
二、明治鍼灸大学鍼灸学部及び大学院鍼灸学研究科を卒業(修了)した者または研究生として 3年以上在籍していた者
三、明治国際医療大学鍼灸学部及び大学院鍼灸学研究科を卒業(修了)した者または研究生と して3年以上在籍していた者
2 前項の一号から三号に該当する者のうち、短期大学または大学または大学院を卒業していな い者については、会長が入会を認めなければ正会員になることができない。
(特別会員の条件)
第5条の3 大学または大学院の鍼灸学科または鍼灸学部を担当する教職員は、特別会員として 入会することができる。ただし、その職を失った場合はこの限りではない。
2 正会員または前項に挙げる特別会員になるための条件を満たさない者であっても、本会正会 員および特別会員の推薦する者で会長が入会を認める場合は、幹事会に諮り幹事の過半数の承認 を得て特別会員として入会することができる。
(準会員の条件)
第5条の4 大学または大学院に入学した者で卒業(修了)以前に入会金を支払った者は、卒業 (修了)するまでの間を準会員とする。
(会員の所属先)
第6条 本会則第5条に挙げる会員は、全て本会に所属する。
(会員名簿)
第7条 会長は、会員名簿を作成し、事務局に保存させなければならない。
2 会員名簿には次の事項を登録する。
一、氏名
二、卒業(修了)期
三、住所
四、電話番号
五、メールアドレス
六、所属支部名 (名簿の書換え)
第7条の2 本会会員は、会員名簿登録事項に変更が生じた場合、遅滞なく会長へ報告しなけれ ばならない。
2 会長は、会員からの会員名簿登録事項の変更の報告があった場合、直ちに会員名簿登録内容 を書き換えなければならない。
(通知等の送達先)
第7条の3 本会会員に対する通知等は、本会にのみ所属する者は本会から、支部に所属する者 は支部を経由して会員名簿登録の住所、メールアドレスもしくは電話番号宛に届ける。
(退会)
第8条 会員は、次の事由によって退会する。
一、会員本人の申し出があった場合
二、会員本人の死亡
三、会員本人が除名処分を受けた場合
2 会員本人から退会の申し出を行う場合、退会の1ヶ月前までに退会申請を出さなければなら ない。
3 支部長または本条第4項にあげる会員本人の関係者が、本人の死亡または除名処分によって、 たには会を退会しなければならなくなったことを知った場合は、これを本会に報告するよう努め なければならない。
4 会員本人の関係者とは次の者をいう。
一、同居の親族
二、その他の同居者
三、同居の親族以外の親族、後見人、保佐人、補助人および任意後見人
(除名)
第8条の2 本会会員の除名処分等については、別途「処分規程」に除名の事由、手続その他除 名処分に関する内容を規定する。
 
第3章 役 員
 
(役員)
第9条 本会に、次の役員を置く。
一、会長
二、副会長
三、幹事
四、監事
五、相談役 2 前項の各号に掲げる役員は兼務できない。
(会長)
第10条 会長は、本会を代表し、会務を総括する。
2 会長は、前会長が任期を満了したときは任期満了後の最初の総会で、任期を満了しなかった ときは 30 日以内に召集される臨時総会で、出席者の過半数の議決によって会員の中より 1 名選 出される。
(副会長)
第11条 副会長は、会長を助け、会長の命を受けて会務をつかさどる。
2 副会長は、会長に事故があった場合、会長の職務を代行する。
3 副会長は、前会長が任期を満了したときは任期満了後の最初の総会で、任期を満了しなかっ たときは 30 日以内に召集される臨時総会で、出席者の過半数の議決によって会員の中より選任 される。
4 副会長の数は、3名以内とする。
5 副会長が複数名いるときは、会長があらかじめ自らに事故があった場合に職務を代行する者 を指名しておかなければならない。
(幹事)
第12条 幹事は、幹事会において所定の事項を審議、決議し、会務を執行する。
2 幹事は、支部長および本会会員の中から会長が選任する。
3 幹事の数は、16名以内とする。
4 幹事のうち、次に挙げる各号の会務に従事する者を執行幹事とする。
一、総務(事業計画、事業報告、本会の運営に関すること)
二、組織(会員情報の把握および支部情報の把握に関すること)
三、会計(予算の計画もしくは執行または決算に関すること)
四、事務局(情報提供または研修もしくは事務局の運営に関すること)
5 執行幹事は、前項の一号から四号の会務それぞれにつき、1名を置く。
6 執行幹事は、幹事の中から会長が指名する。
7.幹事において、身体的あるいは業務上その他事情によって幹事の業務を行うことができない 場合、幹事は自己に代わって幹事の業務をなす者を選出しておかなければならない。 (監事)
第13条 監事は、本会の事業および会計を監査する。
2 監事は、支部長および本会会員の中から会長が選任する。
3 監事は、2名を置く。
(相談役)
第14条 相談役は、会長の委嘱によって幹事会に出席し、意見を述べることができる。
2 相談役は、次の各号に掲げる者のうち、会長が選任した者とする。
一、本会会長であった者
二、本会副会長であった者
三、本会幹事を5期10年以上務めた者
四、その他、本会に所属していない者のうち、会長が専門性その他を鑑みて必要とする者
3 相談役は、若干名を置く。
(役員の任期)
第15条 役員の任期は2年とする。但し、再任を妨げない。
2 補充役員の任期は前任者の残任期間とする。
3 役員任期満了後も後任の役員が選出されるまでは、前任の役員が引き続き職務を継続する。
(役員の弾劾)
第15条の2 役員は、犯罪その他解任を相当とすべき事由が生じた場合、解任される場合があ る。
2 役員は、前項の場合、総会において委任状提出を含む出席者の四分の三以上の多数の議決に よって解任される。
3 役員の解任については、別途「処分規程」に解任の事由、手続その他解任に関する内容を規 定する。
(顧問)
第16条 本会に、顧問を置くことができる。
2 顧問は、短期大学および大学の教職員で次に挙げる各号の者をあてる。
一、鍼灸学部長
二、その他、会長が必要と認める者
3 顧問は、会長の委嘱があった場合にのみ設置される。
4 顧問は、会長の委嘱により幹事会に出席し、自由に意見を述べることができる。
 
第4章 総会および幹事会等
(会議の種別)
第17条 本会において会議とは、次の3種とする。
一、総会
二、臨時総会
三、幹事会 (総会および臨時総会)
第18条 総会は、会長が招集し、年に1回開催しなければならない。
2 臨時総会は、総会において議決すべき事由等が生じた場合に次の各号に挙げる方法で発議さ れ、幹事会で総会開催が必要と議決されたときに開催される。
一、会長が必要と判断した場合
二、幹事5名以上が総会の開催を求めた場合
3 総会は、本会正会員をもって構成する。
4 会長は、総会または臨時総会を開催する場合、開催日の14日前までに会員に通知しなけれ ばならない。
5 総会または臨時総会における議決事項は次に挙げる各号のものとする。
一、特別事項
二、重要事項
三、通常事項
6 特別事項は、委任状提出を含む会員過半数の出席および出席者の五分の四以上の賛成により 議決する。
7 重要事項は、委任状提出を含む会員過半数の出席および出席者の四分の三以上の賛成により 議決する。
8 通常事項は、出席者の過半数の賛成により議決する。
9 特別事項とは、本会の解散にかかる議決事項である。
10 重要事項とは、次の3種とする。
一、会則の改正、廃止等に関する事項
二、役員の解任に関する事項
三、会員の除名に関する事項
11 通常事項とは、次の5種とする。
一、会長の選任
二、副会長の選任
三、事業計画に関する事項
四、予算及び決算に関する事項
五、その他 12 総会および臨時総会に議長を置き、会長をもってあてる。
13 通常事項について、可否同数のときは、議長が決する。
14 議長は、必要があると認める場合、役員および事務局員に議案を説明させることができる。
15 総会には、次の事項について報告しなければならない。
一、幹事の選任
二、支部長の選任
三、事業報告に関する事項
四、会計監査等に関する事項
五、その他、幹事会における決議事項
16 特別会員は、総会に参加し発言する事ができる。
(幹事会)
第19条 幹事会は、年に1回開催しなければならない。但し、会長が必要と認めた場合は、臨 時に幹事会を開催することができる。
2 幹事会は、会長が招集する。
3 幹事会は、会長、副会長、幹事、監査をもって組織する。但し、会長の委嘱によって顧問、 相談役がこれに加わる。
4 幹事会には議長を置き、会長をもってあてる。
5 幹事会の決議または承認は、顧問、相談役を除く、幹事会の出席者の過半数で決する。但し、 可否同数のときは、議長の決するところによる。
6 幹事会は、次の事項について決議または承認する。
一、監事の選任
二、事業計画および事業報告に関する事項
三、予算および決算に関する事項
四、支部の設置に関する事項
五、支部規定(支部会則)の改廃に関する事項
六、その他、会長が必要と認める事項
7 支部規定(支部会則)の改廃に関する事項について決議または承認するとき、該当する支部 の支部長が幹事でない場合は、当該支部の支部長を幹事会に招集しなければならない。
(議事録)
 第20条 総会もしくは臨時総会または幹事会を開催したときは、議事録を作成しなければなら ない。
2 議長は議事録の作成のために、書記を指名することができる。
3 議事録には、議長および出席した役員は、すべて署名または記名押印しなければならない。
(大学同窓会への報告)
第21条 会長は、総会、臨時総会および幹事会の決議事項を会議終了後、速やかに大学同窓会 に報告するように努めるものとする。
 

第5章 事 務 局
(事務局員)
第22条 事務局には、事務局員を置くことができる。
2 事務局員は、本会会員であって、会長が選任したものとする。
(任期)
第23条 事務局員の任期は2年間とする。但し、再任を妨げない。
2 補充事務局員の任期は前任者の残任期間とする。
3 事務職員は、任期満了後も後任の事務局員が選任されるまでは、前任の事務局員が引き続き 職務を継続する。

第6章 支 部
(支 部)
第24条 本会は、支部を設置することができる。
2 支部に所属する地域の区分については特に制限を定めないが、ひとつの地域を重複して 2 つ 以上の支部に所属させることはできない。支部の設置単位は次の通りとする。
一、北海道、東北、関東、甲信越、中部、北陸、関西、中国、四国、九州、沖縄の十地方区分 二、一定の目標の達成のため本項一号設置単位を超えてまたは分割して支部として設置する場 合
(支部設置の手続)
第24条の2 支部は、正会員 30 名以上をもって設置することができる。
2 支部の設置に際し、次の書類を幹事会に提出しなければならない。
一、支部規定案
二、支部役員案
三、事業計画案
四、設置時の会員名簿
3 幹事会は、前項の書類の提出を受け、その内容に不備がなかった場合、遅滞なく幹事会で設 置可否について決議しなければならない。
(支部規定)
第25条 各支部の規定は、別に定める支部規程に従う。
2 支部規定の改正、廃止等については、支部総会での議決を経て幹事会に付託される。 (兼職の禁止)
第26条 正当な事由なく支部の役職を複数兼務することはできない。
2 本会則第9条に掲げる相談役については、支部の役職と兼務することを妨げない。
(幹事会への報告)
第27条 支部は、幹事会に対して次に挙げる各号について報告しなければならない。
一、支部長の選任
二、支部役員の選任
三、支部の事業計画および事業報告に関する事項
四、支部の予算および会計報告に関する事項
五、その他、会長が必要認める事項

第7章 会 計
(会計年度)
第28条 本会の会計期間は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
(歳入)
第29条 本会の会計は、会費および特別寄付金をもってこれにあてる。
(会費)
第30条 会費については、別にこれを定める。
第31条 通常総会で決定した予算以外に支出する会費については、幹事会に諮り、委任状の提 出を含む5分の4の賛成を得なければならない。 
 
第8章 その他
(下位規定の制定)
第32条 会長は、本会則に定めるもののほか、本会則に反しない範囲において、必要な事項を 幹事会に諮り、委任状の提出を含む幹事の 5 分の 4 以上の賛成により、別に定めることができる。

附 則                   
(施行)
この会則は、平成29年7月9日から施行する。
 

たには会 支部規定

〔規程制定〕平成24年 4月14日

第1章 総 則
(名 称)
第1条 本会は、たには会○○支部(以下「支部」という。)と称する。
(目 的)
第2条 支部は、たには会の目的の趣旨に添うよう支部活動を行うとともに、支部会員(以下「会員」という。)の資質の向上と親睦を図ることを目的とする。
(事 業)
第3条 支部は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)会員の資質向上に関する研究会・見学会および講演会等の開催
(2)会員名簿、会報、その他必要と認める出版物の刊行
(3)親睦会の開催
(4)その他、支部発展のため必要と認める事項
(事務局)
第4条 支部の事務局は、○○○○内に置く。

第2章 会 員
(支部会員)
第5条 支部会員は、たには会会則第5条第1項により明治鍼灸短期大学鍼灸学部、明治国際医療大学(明治鍼灸大学)鍼灸学部、明治国際医療大学(明治鍼灸大学)大学院鍼灸学研究科の卒業生ならびに研究生として3年以上在籍した者で会長がこれを認めた者とする。
2 支部会員は、○○県、○○県、○○県、○○県、○○県、に在住する正会員とする。


第3章 役 員
(役 員)
第6条 支部に次の役員を置く。
(1)支部長 1名 
(2)副支部長 若干名  
(3)書記長 1名 
(4)副書記長 1名  
(5)書 記 若干名  
(6)経理部長 1名  
(7)経理副部長 1名  
(8)総務部長 1名  
(9)総務副部長 1名  
(10)総務委員 若干名  
(11)組織部長 1名  
(12)組織副部長 1名
(13)組織委員 若干名
(14)渉外部長 1名
(15)渉外副部長 1名
(16)渉外委員 若干名
(17)学術部長 1名
(18)学術副部長 1名
(19)学術委員 若干名
(20)広報部長 1名
(21)広報委員 若干名
(22)監事 2名

(役員の職務)
第7条 役員の職務は、次の通りとする。
(1)支部長は、支部を代表し支部の会務を総理するほか、支部運営の重要事項につき、会長に対し報告する義務を負うものとする。
(2)副支部長は、支部長を補佐し、支部長に事故あるときはその職務を代行する。
(3)書記長は、支部総会および役員会の記録を行う。
(4)副書記長は、書記長を補佐し、支部総会および役員会の記録を行う。
(5)書記は、書記長・副書記長を補佐し、支部総会および役員会の記録を行う。
(6)経理部長は、予算執行および決算を行う。
(7)経理副部長は、会計部長を補佐し、予算執行および決算を行う。
(8)総務部長は、支部の会務を行う。
(9)総務副部長は、庶務部長を補佐し、支部の会務を行う。
(10)総務委員は、庶務部長・庶務副部長を補佐し、支部の会務を行う。
(11)組織部長は、支部の所定の会務を行なう。
(12)組織副部長は、組織部長を補佐し、支部の所定の会務を行なう。
(13)組織委員は、組織部長・組織副部長を補佐し、支部の所定の会務を行なう。
(14)渉外部長は、支部の渉外を行う。
(15)渉外副部長は、渉外部長を補佐し、支部の渉外を行う。
(16)渉外委員は、渉外部長・渉外副部長を補佐し、支部の渉外を行う。
(17)学術部長は、支部会員の学術および資質の向上に関することを行う。
(18)学術副部長は、学術部長を補佐し、支部会員の学術および資質の向上に関することを行う。
(19)学術委員は、学術部長を補佐し、支部会員の学術および資質の向上に関することを行う。
(20)広報部長は、支部会報、その他必要と認める出版物の編集および発行を行う。
(21)広報委員は、広報部長を補佐し、支部会報、その他必要と認める出版物の編集お
よび発行を行う。
(22)監事は、会務ならびに財産状況を監査し、支部総会に報告するものとする。

(役員の選任)
第8条 役員は、会員の中から、支部総会により選任する。
2 監事は、他の役員を兼ねることは出来ない。

(役員の任期)
第9条 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
2 欠員により補充された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
3 役員が辞任、または任期満了の際は、後任者が就任するまでは、前任者はその職を行う。

(名誉支部長・顧問・相談役・参与)
第10条 支部に、名誉支部長・顧問・相談役・参与を置くことが出来る。任期は2年とする。ただし再任は妨げない。
2 支部に、名誉支部長を置くことができる。名誉支部長は、役員会の推薦による。
3 たには会会員以外の有識者を顧問として招聘することができる。顧問は、役員会の議決を経て、支部長が委嘱する。
4 支部長経験者を相談役として置くことができる。相談役は、役員会の議決を経て、支部長が委嘱する。
5 支部役員経験者を参与として置くことができる。参与は、役員会の議決を経て、支部長が委嘱する。
6 名誉支部長・顧問・相談役・参与は、支部長の委嘱により、支部の各種会議に出席して意見を述べることが出来る。ただし、表決に加わることはできない。

第4章 会 議
(会議の種別)
第11条 支部の会議は、支部総会、役員会とする。
(支部総会)
第12条 支部総会は、原則として年1回開催し支部長がこれを召集する。
2 支部総会の承認および決議は出席者の過半数で決す。
3 支部総会に議長を置き、支部長または支部長が指名した者をもって充てる。
(役員会)
第13条 役員会は支部の執行機関であり、随時必要に応じて支部長が招集する。
2 役員会に議長を置き、支部長または支部長が指名した者をもって充てる。

第5章 会 計
(会 計)
第14条 支部の経費は、支部会費・寄付金・その他をもって充てる。
2 支部の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第6章 細 則
(細 則)
第15条 支部規定に細則を設けるものとする。

第7章 補 則
(補 則)
第16条 この規定の改廃には、支部総会において出席会員の4分の3以上の議決を受け、幹事会で承認されなければならない。

附則
この規程は、平成24年4月14日より施行する。

たには会 世話人規約

 
〔制定〕  平成23年(2011年)8月1日
〔一部改正〕平成27年(2015年)4月1日

第1条 たには会に、世話人を置く。
第2条 世話人は、明治鍼灸短期大学、明治鍼灸大学、明治国際医療大学鍼灸学部の卒業期各期に1名とする。
第3条 世話人は、会長が委嘱する。
第4条 世話人の任期は2年とする。但し、再任は妨げない。
第5条 世話人の仕事は、次の内容である。
(1)任期中に1回同期会を開催する。
(2)任期中に知り得た同窓生の住所氏名等の変更内容を、たには会総務担当幹事に連絡をする。
(3)同期会を実施した日時、場所、参加人数を、たには会総務担当幹事に報告する。
第5条 世話人には、通信費として1万5千円支給する。
第6条 この会務を実施するために必要な事項は、別途会長が定める。

附則                   
1 この規約は、平成27年4月1日から施行する。
2 この規約に不備が生じた際は、会長が変更する。